出島で行われた住民座談会で「ペタンクをやってみたい」という声が上がったことを受け、出島区長に災害公営住宅集会所の横に手作りのペタンクコートを作っていただき、6月3日(水)女川町生涯学習課の出前講座による「ペタンク体験講座」を開きました。

当日あいにくの雨天ではありましたが、まずは集会所内で室内ペタンク用具を使ったルール解説と体験を行い、雨が落ち着いた頃を見計らって、新設したコートで鉄球を使った屋外ペタンクも体験いただくことが出来ました。「ガチャン!」と鉄球と鉄球がぶつかりながら、一発逆転も起こる屋外ペタンクの爽快感は、同じルールでも室内ペタンクとは一味違うことがよく判りました。

また、ヘルシーみやぎの試合を直前に控えた上三区の住民から急きょ「練習場所が無くて困っている」という声を受け、6月8日(月)桜ヶ丘の旧女川幼稚園の庭に、住民自らの手でペタンクコートを作っていただくためのお手伝いをいたしました。皆で草を取り、砂利を取り除き、地面をならして作り上げたペタンクコートは簡易とはいえ、誇らしい出来栄えでした。

10メートル×4メートルの広さがあれば、実質500円程度の材料費で簡易コートは作れますので、ぜひボランティアセンターにご相談下さい。老若男女が楽しめ、簡単ながらも奥深く、健康づくりにも最適なペタンクの導入を女川町の生涯学習課と連携してお手伝いいたします。

出島ペタンク