託児ボランティア

子ども達から元気を貰えます

2014年7月から稼働している託児ボランティアの活動は44回、のべ174人におよび、ヨガ教室や子育て講演会や料理教室などのイベントへの子育て世帯の参加をボランティアの託児で応援してきました。

核家族化が進み、おじいちゃんおばあちゃんに子どもの面倒を見てもらえる世帯は少なくなってきています。
子どもと親が一対一で子育てしなければならず、外に出て、学んだり、楽しんだり、気晴らしする機会をなかなか持てない方が多く、各種イベントに参加することで、子育て世帯同士の支え合いとなる繋がりも生まれています。

託児ボランティアに子育て経験や資格は不問で、現在23歳から77歳の男女に活躍いただいています。登録ご希望の方はボランティアセンターまでご連絡下さい。

託児ボランティアの基本ルール

1.テーブル等、高いところに登らせない
2.家族が持参した食べ物以外、食べさせない(※アレルギーを持っている子供もいます)
3.飲料は家族が持参したもの以外、飲ませない
4.水道で遊ばせない(※給湯器に注意)
5.指定の託児スペース以外のところで遊ばせない
6.ストーブ等、暖房器具に近づけない